東京から定山渓温泉(北海道 札幌市)へのアクセス

北海道の札幌周辺へ旅行に行く時はホテルは市街地で選びがちですが、せっかくなら温泉に泊まりませんか?定山渓温泉ならそんな贅沢が可能です。定山渓温泉は150年の歴史があり、札幌市街から車で1時間程度と近いため、道内の方からもとても人気のある温泉地です。そんな定山渓温泉へのアクセスをご紹介します。

定山渓温泉

定山渓温泉へのアクセス

東京から定山渓温泉へ直接行くには以下がオススメです。

【飛行機+JR+バス】(約4時間)

羽田空港→新千歳空港→札幌駅→定山渓温泉
(飛行機 1時間40分、JR 40分、バス 1時間、乗換の待ち時間など40分)
乗り換えは多いですが、JRも札幌駅からのバスも本数が多いためオススメです。

【飛行機+レンタカー】(約3時間半)

羽田空港→新千歳空港→定山渓温泉
(飛行機 1時間40分、車 1時間20分、乗換の待ち時間など30分)
時間が自由なので便利です。ただし、冬季は確実に雪道の運転となるため注意が必要です。

【飛行機+バス】(約3時間半)

羽田空港→新千歳空港→定山渓温泉
(飛行機 1時間40分、バス 1時間20分、乗換の待ち時間など30分)
乗り換えも少ないのですが、バスが一日一本しかないので飛行機の時間が合う場合のみになります。新千歳空港発は14:00(2016/3/22現在)です。

北海道新幹線が2016/3/26に開業しますが新函館北斗駅までとなるためオススメしません。なお、札幌まで北海道新幹線が繋がるのは2030年の年度末だそうです。

 羽田空港から新千歳空港までの飛行機

札幌行き

羽田空港から新千歳空港までの飛行機は1日に65便以上と多いため、お好きな時間帯の飛行機が取れます。JAL、ANA以外にもAIR DOやスカイマークといった航空会社も運行しているため、お手頃な価格でチケットが買える可能性が高いです。

新千歳空港から札幌駅までのJR

快速エアポート

札幌駅まではJRの「快速エアポート」に乗ります。日中は15分間隔で運行しており、あまり待つ必要がありません。混雑して座れない場合もありますが、1本遅らせれば確実に座れると思います。また、指定席(+310円)もあります。もちろん交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)も使えます。

  • 新千歳空港駅~札幌駅運賃 1070円

札幌駅から定山渓温泉までのバス

札幌駅についたら、バスターミナルを目指します。バスターミナルは札幌駅南口を出て左手のエスタの一階にあります。

バスターミナル

定山渓温泉行きのバスはバスターミナルの12番乗り場から出ています。通常の路線バスもありますが、20分ほど早く着く「かっぱライナー号」が良いでしょう。1日4便ほど運行されています。こちらのバスも交通系ICカードが使えます。混雑時には予約していないと乗れない場合があるとのことですので、観光シーズンは予約をしたほうが無難です。

かっぱライナー号

  • 札幌駅~定山渓温泉 運賃 770円

なお、定山渓温泉には停留所が複数あるので、あらかじめ泊まるホテルや行き先に近いバス停を確認しておくと良いです。

じょうてつバス公式サイト

また、定山渓温泉のホテルでも札幌市内から無料バスを出している場合があるので、ホテルに確認してみると良いでしょう。

まとめ

どうでしたか?札幌へ旅行に行く際は札幌ステイ以外にも、手軽にアクセスできる定山渓温泉で宿泊も十分な選択肢となるのではないでしょうか。

「定山渓温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする