杉乃井ホテルの宿泊体験記(グレースフロア編)

みんなで選ぶ 第8回 温泉大賞」で見事、西の横綱に選ばれた、大分県・別府温泉の「杉乃井ホテル(杉の井ホテル)」に宿泊しました。手頃な価格で満足度が高いことで有名なこのホテルの、人気のお部屋をレポートしたいと思います。

「グレースフロア」

入り口の花

今回宿泊したのは「グレースフロア」。ワンランク上の上質なお部屋とのこと。いきなり入り口から高級感が漂い、期待感が増していきます。

玄関

玄関から見た廊下です。左下の棚の下には冷蔵庫と金庫があります。ここで期待感はMAXです。グレースな廊下を抜けると・・・

グレースフロア海側

グレースフロア

なんとも広大な空間がひろがっておりました。広さは57㎡あり、6人まで宿泊できるとのこと。ダブルベッド2台と6畳以上の畳のフロアがある和洋室で、非常にゆったりとしています。

ちなみに、編集部では3名で宿泊したのですが、ベッドにそれぞれ1名、畳のフロアの布団で1名が寝ました。私は、じゃんけんで負けて・・・布団派なのですが、布団でも十分に快適に眠れました。

部屋からの景色

部屋からの景色ですが、別府湾が一望でき、別府温泉の湯けむりや、鶴見岳、大平岳も見渡せて最高です。

 

浴室など

半露天風呂

屋内に浴室はありませんが、ここにはなんと半露天風呂があります。周りを囲われているので、外からの目も気になりません。杉乃井ホテル名物の棚湯も良いですが、小さなお子様がいらっしゃる方や、お部屋でくつろいだ後に星を見ながらちょっとお湯に浸かるにはもってこいです。私は朝起きて棚湯に行き、朝ごはんをバイキングでたくさん食べた後にまた入ってしまいました。残念ながら客室のお湯は温泉ではないとのことですが、お湯の出も良くすぐに入ることができました。

そして、アメニティはなんと、

アメニティ

「ブルガリ」です。

これはもう何も言うことありませんね。

トイレ

トイレの周囲は黒で統一されているので、落ち着いており、清潔感も満点です。これなら集中できます。

 

まとめ

部屋の空間、設備、居心地の良さ、どれをとっても満足のお部屋でした。気になるお値段ですが、なんと、このお部屋は一泊2万円台前半で泊まれる(2016年3月17日調べ)プランがあります。杉乃井ホテルは人気の棚湯やアクアガーデンがチェックイン前、チェックイン後も利用可能で、さらに、豪華な朝夕のバイキングも含まれたお値段なのでお得だと思います。

杉乃井ホテルは一日では遊びきれないアミューズメントやアトラクションがありますが、ちょっと豪華な客室でのんびりと過ごすという贅沢はいかがでしょうか?

杉乃井ホテル関連記事

「別府温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする