東京から草津温泉へのアクセス(鉄道・自動車・長距離バス)

草津温泉の広域地図

そもそも草津温泉って、どこにあるの?

知名度は抜群ですが、意外と場所が分からない方が多いのが草津温泉。この温泉は、群馬県の西端にあります。場所がわかりにくいため、交通手段に悩む方も多いでしょう。そこで、東京から草津温泉までのアクセスを、鉄道、長距離バス、自動車に分けてご紹介。

長野新幹線

  • 軽井沢駅経由の長野新幹線+路線バス
  • 約3時間(新幹線 約80分、路線バス 約80分)
  • 大人 約8,000円 子供 約5,600円

在来線

  • 特急を使わず高崎駅経由+路線バス
  • 約4時間(JR 約3時間、路線バス 約30分)
  • 大人 約4,000円 子供 約2,000円

高崎駅まで新幹線を利用すると料金は2,500円ほどアップしますが、乗車時間は約1時間短縮できます。また、高崎駅から草津温泉の最寄り駅である長野原草津口駅方面の在来線は約1時間に1本のためご注意下さい。

長距離バス

  • 東京駅・新宿駅経由でJRバス
  • 約4時間
  • 大人 約3,300円 子供 約1,600円

自動車・レンタカー

  • 練馬ICから関越自動車道経由で渋川伊香保ICを降りて、一般道を走行。
  • 約2時間30分(約160km、うち一般道約50km)
  • 約4,500円(週末ETC割引適応後 非適応 約5,000円) リッター10km、ガソリン120円/Lで算出


続いて、草津温泉に行き帰りで楽しめるスポットとして、「軽井沢アウトレット」と「横川サービスエリアの”おぎのや”」をご紹介。

新幹線利用なら軽井沢アウトレットがテッパン

軽井沢駅に隣接したロケーションに、約200店舗のショップが集まるアウトレットが「軽井沢アウトレット」。2014年に増床され、アウトレット初出店となる米国カリフォルニア発の人気セレクトショップ「ロンハーマン」や、軽井沢定番である沢屋のストロベリージャムなども購入可能。

鉄道で行く場合は、行きは高崎在来線経由、帰りは軽井沢の新幹線経由というコースはいかがでしょう。朝、1時間早起きするだけで、家族4人(大人2人、子供2人)で1万円以上節約できるのです。節約したお金で、アウトレットも楽しめちゃいますね。

自動車なら、横川サービスエリアで「峠の釜飯 おぎのや」を忘れずに

自動車で草津温泉に行く場合、関越自動車道の伊香保IC経由と、上信越自動車道の碓井軽井沢IC経由の2ルートあります。どちらも似たような距離です。そこで、行き帰りのどちらかを上信越経由にして、横川サービスエリアに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

横川サービスエリアには、峠の釜飯で有名な「おぎのや」があります。嬉しいことに、上下サービスエリアのどちらでも販売。特に、上りサービスエリア(東京方面)は、写真のように在来線(キハ57形気動車)が展示され、なんと車内でお弁当を食べられます。サービスエリアに居ながらにして、電車でお弁当を頂くなんて想い出に残りそうですよね。

最後にひとこと言わせて

私はクルマ派です。クルマ大好きです。しかしクルマの大敵である渋滞と戦う必要があります。今回の取材は鉄道を使いましたが、クルマなら金曜日の深夜に出発してサービスエリアで仮眠。そして、朝7時から営業している西の河原露天風呂を浸かるプランだな。

おまけ

草津温泉でコトパフォーマンスが高いと最も支持されたお宿をご紹介。(約26,000人の投票による第8回「温泉大賞」の投票結果をもとに、コストパフォーマンス部門で人気のある温泉旅館)

「草津温泉」に関する温泉コラム

温泉コラムの感想をコメントする