みんなで選ぶ 第10回温泉大賞

温泉トップ > みんなで選ぶ 第5回温泉大賞 > 県別ランキング 北海道

BIGLOBE BIGLOBE 温泉旅館予約−BIGLOBE温泉

温泉トップ > みんなで選ぶ 第5回温泉大賞 > 県別ランキング 北海道

温泉番付を見る

>> 温泉大賞のトップへ戻る

県別宿ランキング

北海道・東北
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越
新潟 長野 山梨
北陸
富山 石川 福井
東海
愛知 静岡 三重 岐阜
関西
大阪 京都 滋賀 和歌山 兵庫 奈良
中国
鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国
徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 大分 長崎 佐賀 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

北海道のランキング

投票数ランキング

北海道 登別温泉

第一滝本館

第一滝本館

投票者のコメント

大浴場から地獄谷の湯煙が見えて景色は最高。ホテルの中で何種類もの違った泉質の温泉が楽しめていいです。夕食のバイキングもステーキなど美味しく、温泉街の一番奥で地獄谷まで歩きですぐの所にあって立地もいいのでオススメです

宿の情報はこちら

北海道 阿寒湖温泉

あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス

あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス

投票者のコメント

露天風呂付きのお部屋があり、間取りも広くとても気持ちよく宿泊させていただきました。囲炉裏のある部屋に料理を運んでいただき、お部屋の中で食事も楽しめます。ホテル内には落ち着いたバーもあり、お酒の好きな方は食後のワンショットも楽しめます。ホテルの近くには鹿料理のお店もあります。2月には阿寒湖祭りもありこの季節に行くのがお奨めです。ただ、札幌の雪祭りとかぶってしまうのが残念です。日程に余裕があるのならオホーツクまでバスで行き流氷を見るのも素敵です。予約が必要ですが、流氷の中を船で航行するツアーもあります。

宿の情報はこちら

北海道 定山渓温泉

定山渓ビューホテル

定山渓ビューホテル

投票者のコメント

定山渓の入り口付近にあり、結構大きなホテルの割に気軽感があります。食事もゆっくりといただけ、泉質もグッドです。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

祝いの宿登別グランドホテル

祝いの宿登別グランドホテル

投票者のコメント

ホテルに入ると、大きなエントランスと大きな花瓶に活けられた花々にちょっとびっくりしました。お風呂に行くと、大きなお風呂と外に一人用の石造りの浴槽が何個もだんだんにあり、平日訪れたためかゆっくりのんびり入浴できました。なかでも、お湯のなんともいえないマッタリ感にびっくりしました。県内の温泉にはよくいくのですが、入ったことのない泉質だったので印象に残っています。また、忘れられないのは、トウモロコシとじゃがいもの美味しさです。素朴にゆでたり、焼いたりしただけなのにあんなに甘いと思ったことはなかったです。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

ホテルまほろば

ホテルまほろば

投票者のコメント

お子様はもちろん、友達、家族、どんなグループでも楽しめると思います。何度も入りたくなるほど、お風呂の種類がいっぱいで、バイキングでも御飯がすごくおいしかったです。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

登別温泉郷滝乃家

登別温泉郷滝乃家

投票者のコメント

特別室に連泊しましたが、不満点が見つかりません。客室露天風呂も、広くて、お湯も最高。食事も、とても美味しくいただけました。部屋は広く、部屋室は多すぎるくらい。ゆっくりとしずかに過ごせました。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

登別石水亭

登別石水亭

投票者のコメント

ツアーの団体旅行いきましたが静かでいいところでした。おふろの中に入ったら兄元が泥でヌルヌル。その泥で体をこすると肌がすべすべ。こんなお風呂は初めてでした。

宿の情報はこちら

北海道 洞爺湖温泉

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

投票者のコメント

従業員の方が「このホテルが大好き!」と思って働いてる気持ちが伝わる心配りがいいです。外国人の従業員の方が多くいらっしゃるので、言葉が通じにくかったりもするのですが、一生懸命な姿に気にならないです。食事の時も付かず離れずの距離感で気にかけていてくれるので、居心地がいいです。

宿の情報はこちら

北海道 湯の川温泉

湯の川プリンスホテル渚亭

湯の川プリンスホテル渚亭

投票者のコメント

展望温泉露天風呂付き客室の充実度はほぼ日本一。お部屋で気兼ねなくいつでも露天風呂を楽しめるのにコストパフォーマンスは国内でもかなりいいほうです。本州ならこんな価格でこの贅沢さは楽しめません。女性用大浴場は海に面しているのでとても気持ちがいいです。蟹や天ぷらなど種類豊富なバイキングを楽しめるので お子様連れでワイワイ楽しめますね。函館の夜景プランなど自分のニーズに合わせたパッケージツアーもきっと見つけられます。

宿の情報はこちら

北海道 定山渓温泉

ぬくもりの宿ふる川

ぬくもりの宿ふる川

投票者のコメント

1秒がすごく長く感じる所。ゆっくり寛げて,美味しい食事やお湯に浸かりながら足を伸ばす。自分の好きな時間が邪魔されることなく過ごせる。気分をリフレッシュしたい時にはすごく良いですね。大きいホテルにはない家庭的で暖かい,素敵な宿です。

宿の情報はこちら

投票数ランキング

1室あたりの投票数ランキング

北海道 登別温泉

登別温泉郷滝乃家

登別温泉郷滝乃家

投票者のコメント

とにかく入り口から上品な雰囲気です。部屋数が少なく、インテリアが高級感がありながらも装飾過剰ではなくて、とてもくつろげます。室内の内風呂が檜風呂、総ガラス張りで外の景色を堪能しつつのんびり浸かれます。お料理もとても美味しいです。お値段はお高いですが、ここぞという記念日にはぜひ活用したいお宿ですね。

宿の情報はこちら

北海道 十勝川温泉

三余庵

三余庵

投票者のコメント

木の温もりが館内に漂っていてとても落ち着く雰囲気。日本唯一、世界に2つしかないモール温泉のかけ流しで、肌はつるつる!部屋付き露天風呂で贅沢風呂三昧で、肌がとっても喜びます。お料理は北海道産の食材を存分に頂ける大変美味しい料理ばかり。料理長が作る懐石ディナーはさすがミシュラン★1つ。食材へのこだわりが感じられどれも美味しく感動ものです。そして何よりも、支配人様を中心に女性スタッフの対応がすばらしく、特別な人と素敵な時間を過したい時にまた行きたいと思わせるお宿です。

宿の情報はこちら

北海道 ニセコ温泉郷

ニセコ五色温泉旅館

ニセコ五色温泉旅館

投票者のコメント

大自然の中で入れる温泉で、古びた建物も情緒があって、ひなびた感じが最高です。昔ながらの温泉が好きという人にはおすすめの宿です。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

滝乃家別館玉乃湯

滝乃家別館玉乃湯

投票者のコメント

とにかくお湯の泉質が素晴らしく、一番印象に残りました。旅館のサービスも良く、料理がとても美味しかったです。又、もう一度訪れてみたい温泉です。

宿の情報はこちら

北海道 阿寒湖温泉

あかん鶴雅別荘鄙の座

あかん鶴雅別荘鄙の座

投票者のコメント

大浴場は朝、晩で男女交代するため、2度楽しめる。特に洞窟風呂が楽しかったです。料理は北海道の魚の幸にこだわっているため、北海道在住の私でも初めて食べた毛ガニの刺身やエビの塩から、うにの釜めしなどが新鮮でとてもおいしかったです。

宿の情報はこちら

北海道 登別温泉

第一滝本館

第一滝本館

投票者のコメント

さすがの登別温泉北海道の温泉の広さにもびっくりしますが、泉質がすごい冬に訪問しましたが、体があたたまるのなんの・・・ものすごく癒されるし、雰囲気もたのしいし、あの醍醐味は北海道ならでは。遠いけど又おじいちゃんを連れて行ってあげたいな。

宿の情報はこちら

北海道 定山渓温泉

ぬくもりの宿ふる川

ぬくもりの宿ふる川

投票者のコメント

札幌で一人暮らしを始めてから約1年後に、大阪から遊びにきた母親を連れて定山渓に行きました。久しぶりの家族旅行ですが、費用的にもそんなに遠くには行けないため、近場ということで定山渓を選び、値段で決めたのが、ふる川でした。期待を本当に大きく上回るお宿で、接客も感動的でした。常連さんらしき人たちが多くいたことにも納得しました。おもてなしとはこういうものかと感じましたし、今でもホテル等に宿泊するときの自分の基準のようなものになっています。何よりも母親がとても居心地良さそうにしていたのが、娘としては本当にうれしかったです。

宿の情報はこちら

北海道 知床・北見・網走・紋別・ウトロ

斜里温泉 湯元館

斜里温泉 湯元館

投票者のコメント

蟹が美味しいんです。獲りたての毛ガニが、身がぎっしり詰まっていて味がもの凄く濃くてとてもとても美味しいんです。釧路でも他でも食べましたが、斜里のは別物でした!思い出してもよだれが出ます;お湯は鉄泉らしく赤黒っぽいので開放感はありませんが、女性にはとても良いそうですよ。全身から鉄分取って貧血が治りそうです。

宿の情報はこちら

北海道 定山渓温泉

翠山亭倶楽部定山渓

翠山亭倶楽部定山渓

投票者のコメント

美味しいバイキングの食事とお風呂がオススメです。

宿の情報はこちら

北海道 小金湯温泉

湯元 小金湯

湯元 小金湯

投票者のコメント

温泉も施設も落ち着いていて、温泉も素晴らしいスタッフも穏やかでした

宿の情報はこちら

1室あたりの投票数ランキング

▲このページのトップへ