お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


旅行トップ > 特集 > はしご湯紀行 乗鞍山麓・奥飛騨に雪景色を求めて

温泉ライター・飯出敏夫の1泊2日首都圏からドライブで行く「癒しの名湯・秘湯はしご湯紀行」第2回:乗鞍山麓・奥飛騨に雪景色を求めて

1日目
2日目
今回のはしご湯情報

お気に入りの「癒しの名湯・秘湯」を1泊2日のドライブで気ままにめぐる旅の第2回目は、北アルプスの乗鞍山麓から奥飛騨に点在する名湯のはしご湯紀行です。
この時期、仰ぎ見る北アルプスの山頂部は真っ白な雪景色のはず。というわけで、雪道対策も入念に、いざ長野自動車道松本ICをめざします。このエリアは、乗鞍山麓の乳白色の湯と、奥飛騨の露天風呂天国を訪ねるのが目的の旅です。

1:白骨温泉・小梨の湯笹屋へ

旅のはじめに乳白色の名湯で温まる

松本ICから国道158号を一路、上高地方面へ。このルートは、険しい北アルプスの山中を貫いて奥飛騨へと結ぶ、長野と岐阜を結ぶ幹線道路。松本電鉄新島々駅前を過ぎ、旧安曇村役場前を過ぎると、やがて道は梓川に沿ったカーブの連続するルートになる。紅葉の終わりを告げる落ち葉が道路端に散り積もり、やがて稲核・水殿・奈川渡の安曇三ダムにさしかかる頃には、すっかり葉も落ちた初冬の景色が車窓に広がった。上高地の閉山で閑散とした沢渡の駐車場を横目にすると、まもなく白骨温泉への県道が分かれる湯川渡。冬季閉鎖直前のこの県道に入り、まずは信州の誇る乳白色の名湯、白骨温泉でひと風呂浴びて行こう。

湯の成分を付着した湯口では飲泉もできる

湯の成分を付着した湯口では飲泉もできる

本棟造り木造2階建ての宿の外観

本棟造り木造2階建ての宿の外観


乳白色の湯は、はじめは無色澄明なのだ

白骨温泉で私のもっとも好きな宿、小梨の湯笹屋で立ち寄り湯を楽しむことにする。この宿は白骨温泉の中心から乗鞍方面に向かうスーパー林道に入り、さらにその道から200mほど外れた白樺林の中にポツンと一軒宿の風情で建っている。本棟造りの外観、古材を再利用した館内、そして窓の引き戸を開け放てば半露天風呂になる木造りの大浴場が抜群にいい。木造りといっても、湯船の縁には温泉の成分が凝結してまるで鍾乳石のような味わいになっており、そこに趣のある湯口から加温掛け流しの名湯があふれる。この宿の泉質は含硫黄‐カルシウム・マグネシウム‐炭酸水素塩泉で、32・5度の源泉を加温する。白骨温泉の湯は最初から乳白色というわけではなく、湧出時は無色澄明だが、時間が経つにつれて温泉中の炭酸ガスとカルシウムが反応して炭酸カルシウムという鉱物が次第に形成され、それが湯を白く濁ってみせるというわけだ。ある意味、湯が新鮮なほど澄んでいるともいえるが、この変化がピュアな源泉の証明でもある。大浴場と貸切露天風呂で名湯を堪能し、外来入浴の受付時間いっぱいまで至福の時間を過ごした。


白骨温泉・小梨の湯笹屋の詳細・宿泊プラン

大浴場と離れに続く風情ある回廊

大浴場と離れに続く風情ある回廊

窓を開け放てば半露天風呂になる大浴場。外には白樺とカラマツ林が広がる

窓を開け放てば半露天風呂になる大浴場。外には白樺とカラマツ林が広がる

3〜4人用の貸切露天風呂も快適

3〜4人用の貸切露天風呂も快適

ページTOPへ

2:中の湯温泉・中の湯温泉旅館へ

四季折々の眺望が楽しめる最高の露天風呂

国道158号に戻り、再び上高地方面へ。上高地への関門、釜トンネルの手前で高山方面へ左折し、安房トンネルの手前で右折して、2湯目の中の湯温泉に向かう。かつてはこの国道158号の峠路が冬季閉鎖に入ると、信州側も奥飛騨側も文字どおりの袋小路となって、長い冬を迎えることになっていたのだ。
ヘアピンカーブが連続する山道を2・2km先、7号カーブの上に、めざす中の湯温泉の一軒宿、中の湯温泉旅館がポツンと建っている。標高1,530mの秘湯の環境にあり、建物はまだ新しい。この宿の魅力は、なんといってもロビーや男性用露天風呂から眺める霞沢岳や穂高連峰の眺望にある。その四季折々の眺望がすばらしく、いままで何度訪ねたかわからない。しかし、この日は途中から小雪まじりの天候になり、宿に着いたときには穂高連峰はもとより、目前にそびえる霞沢岳も雪に煙って見えない。しかし、初雪に遭遇できるのもそうはないから、ここは幸運と思うことにしよう。
さっそく、大浴場と露天風呂へ直行。大浴場の湯船は2つあり、まずはここで温まってから、外の露天風呂へ。ひゃーっ、寒い。木々はすでに白くなりはじめている。遠くの山は雪で煙って見えないが、それでもまだ周辺の山々は見える。この開放感がたまらない。ちなみに、女性用の露天風呂は裏山の深い森に面していて、ときおりカモシカが姿を見せることもあるという。温泉はやや白濁する単純硫黄泉で、源泉温度は55・1度。湯量を調節しつつ掛け流しで使用している。


中の湯温泉旅館の詳細・宿泊プラン

わずかに白濁した湯が掛け流しの大浴場

わずかに白濁した湯が掛け流しの大浴場

この開放感がたまらない男性用の露天風呂

この開放感がたまらない男性用の露天風呂

深い森を背にして建つ一軒宿の中の湯温泉旅館

深い森を背にして建つ一軒宿の中の湯温泉旅館

ページTOPへ

3:平湯温泉・不動明王神の湯へ

奥飛騨温泉郷の玄関口で日帰り温泉もたくさん!

安房トンネル手前の分岐まで戻り、いざ岐阜県側の奥飛騨温泉郷へ。この安房トンネルが開通したのは平成9年12月。この開通によって、長野県側の安曇村(現・松本市)と岐阜県側の上宝村(現・高山市)を結ぶ通年ルートが完成した。冬季は袋小路になって高山市側からしか入れなかった奥飛騨温泉郷が、通年、首都圏から1泊2日で訪れるのに好適の温泉地になり、北アルプスの山ふところに抱かれた露天風呂天国の温泉郷として脚光を浴びた瞬間である。
松本側からも高山市側からも、奥飛騨温泉郷の玄関口となっているのが平湯温泉だ。安房トンネルを抜け出した地点のすぐ近く、標高1,233mの高地温泉で、温泉郷ではいちばん古い歴史を持つ温泉である。平湯温泉バスターミナルの階上にある「アルプス街道平湯」をはじめ、日帰り温泉施設もいくつかある。



美肌効果も期待できるいい湯を満喫

その中で、特におすすめなのが「不動明王神の湯」。平湯温泉発祥の湯といわれ、温泉街から国道158号を安房峠方向へ700m戻り、さらにそこから300m山の中に入った安房谷にある。例年は11月15日までしかやっていないが、ダメモトで行ってみたら、なんと、国道沿いに「営業中」の看板が出ているではないか。喜び勇んで訪ねた。小屋掛けの受付で聞くと、今年はまだ雪が降らないので24日の連休まで営業する予定なのだとか。でも、今日は雪がちらついてきたので、ひょっとするとこの日が最終日になるかも。ラッキーだった。
風呂は渓流沿いの山側に造られており、下に男性用露天風呂と横の小屋に釜風呂と岩風呂の貸切風呂、一段高い場所に女性用露天風呂がある。山の地形をそのまま活用した露天風呂は、幽玄な雰囲気に包まれ、秘湯ムード満点だ。泉質はナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉で、源泉温度は78度とか。いわゆる重曹を含んだ食塩泉で、もっとも美肌効果があるとされる、実にいい湯である。


不動明王 神の湯の情報

山の斜面の岩の間から湯滝となって源泉が注ぐ

山の斜面の岩の間から湯滝となって源泉が注ぐ

脱衣場側から見た露天風呂。桂の大木が見事だ

脱衣場側から見た露天風呂。桂の大木が見事だ

男性用の脱衣所と奥に貸切風呂がある小屋、左上の屋根は女性用露天風呂

男性用の脱衣所と奥に貸切風呂がある小屋、左上の屋根は女性用露天風呂

ページTOPへ

4:新穂高温泉・槍見舘へ

ロケーション抜群の人気宿でゆったり…

奥飛騨温泉郷は、平湯川沿いに点在する平湯、福地、新平湯温泉、蒲田川沿いの栃尾、新穂高温泉の総称である。国道471号は、平湯から福地温泉をバイパスして新平湯温泉街を突っ切り、蒲田川を渡った地点の栃尾で左折して川沿いに神岡へ下るが、新穂高温泉へは栃尾から上流に県道槍ヶ岳公園線をさかのぼる。下流から蒲田、佳留萱、宝、槍見、中尾、穂高、新穂高の7地区の温泉地の総称が新穂高温泉で、かなり広範囲にわたる。南に焼岳、東に西穂高岳から穂高連峰に続く稜線、北東奥に槍ヶ岳の尖峰、北西に笠ヶ岳が連なり、まさに北アルプスのふところに抱かれた場所にある。
今夜の宿、新穂高温泉の槍見舘は、かつては槍見温泉と呼ばれ、笠ヶ岳の登山口に建つ一軒宿として岳人に親しまれた山小屋風の宿だった。大変身したのは平成12年秋、新潟の旧家を移築した郷愁あふれる造りの宿として、いまや新穂高温泉きっての人気宿になっている。その名のとおり、蒲田川の清流を眼下に槍ヶ岳を遠望するロケーションは抜群。この見事な眺望を、総檜造りの内湯や河畔に点在する露天風呂に浸かりながら満喫できるのが大きな魅力である。

晴天ならば、槍ヶ岳の尖峰が望める「槍見の湯」

晴天ならば、槍ヶ岳の尖峰が望める「槍見の湯」

男女とも同じ総檜造りの内湯からも槍ヶ岳が見える

男女とも同じ総檜造りの内湯からも槍ヶ岳が見える

河原の巨岩を利用した湯船の「まんてんの湯」は混浴

河原の巨岩を利用した湯船の「まんてんの湯」は混浴


1泊ではすべて入りきれないほどのお風呂がある

河畔に点在する風呂は、混浴、女性専用、貸切風呂など全部で7ヶ所と足湯もあり、1泊では全部に入りきれないほどだ。外来入浴は露天風呂だけ開放している。私のお気に入りは、窓が開け放てる総檜造りの内湯と、河畔の上流部にある露天風呂「槍見の湯」。槍ヶ岳の尖峰を眺望しながらこの湯に浸かると、いつも「あぁ、生きていてよかったなぁ」と思う。泉質は単純温泉、源泉温度は53度で、加水・加温なしの掛け流しだ。15室ある客室はそれぞれに趣が異なり、バリアフリーの和洋室や露天風呂付きの離れもある。
翌朝、妙に静かだなぁと思ったら、やっぱり外は一面の銀世界。北アルプスの高峰は雪空の彼方で望めなかったが、雪見風呂は実に楽しく、初雪なので趣も格別の感がある。人気イベントの餅つきに参加してつきたての餅をご馳走になり、その後もチェックアウトまで風呂めぐりを楽しむことにする。


槍見の湯 槍見館の詳細・宿泊プラン

むきだしの太い梁が印象深い客室「槍の間」

むきだしの太い梁が印象深い客室「槍の間」

郷愁を誘う夕暮れどきのエントランス

郷愁を誘う夕暮れどきのエントランス

夕食の膳には飛騨牛や川魚など山川の幸が並ぶ

夕食の膳には飛騨牛や川魚など山川の幸が並ぶ

客も参加して毎朝行われる「餅つき」のサービス

客も参加して毎朝行われる「餅つき」のサービス

ページTOPへ
飯出敏夫(いいで・としお)

飯出敏夫(いいで・としお)プロフィール

年間100日以上を温泉旅ですごす温泉ライター。
著書に「一度は泊まってみたい秘湯の宿70」(成美堂出版)、アサヒDVDブック「秘湯ロマン」(朝日新聞社)、「名湯・秘湯の山旅」(JTBパブリッシング)、「心を癒す温泉三昧 全国療養の湯厳選200」(保健同人社)ほか多数。テレビ朝日「秘湯ロマン」旅人&アドバイサー。

前の頁
次の頁
1日目
2日目
今回のはしご湯情報
第1回 南アルプス山麓の露天風呂めぐり
温泉宿探すならBIGLOBE温泉!!
みんなで選ぶ 第9回 温泉大賞 結果発表 ゴールデンウィーク旅行特集 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外ホテル予約・バーゲン情報

エクスペディア

エクスペディア お得な海外ホテル バーゲンセールや直前割引の
情報が満載

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社19サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト 日本旅行 阪急交通社 名鉄観光

など計19サイト