お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望

アンケート実施中!ぜひご協力ください。


紅葉の旅特集2017

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社19サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計19サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ 「愛知・岐阜・長野、中央本線の旅」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2008年9月
第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 ご当地の名物をまるかじり!「愛知・岐阜・長野、中央本線の旅」 塩尻 中津川 多治見 名古屋
名古屋〜多治見中津川〜塩尻今回の駅弁リスト
中津川
中津川
栗の町で出合った秋にぴったりの逸品
秋まっさかり! 車窓には黄金色の稲穂が輝いています。
秋まっさかり! 車窓には黄金色の稲穂が輝いています。
ちょっと寄り道して、老舗の「すや本店」に駆け込み、栗きんとんをパクリ!
ちょっと寄り道して、老舗の「すや本店」に駆け込み、栗きんとんをパクリ!

気を取り直して、次の目的地・中津川駅へ。改札口へとホームを歩いていると、うどん売店の窓口に積み上げられた駅弁を見つけた。
そこそこの数量が積まれているということは、結構人気なのだろう。「木曽路釜めし」「栗おこわ弁当」を買う。改札口を出ると左側に待合室。木のベンチがずらりと並ぶレトロな待合室が実にいい雰囲気だ。ベンチの横には、ショーケースが置かれており、中には20店以上の和菓子店の栗菓子見本が並んでいた。そうだ! 中津川は栗の町。しかも今、旬まっさかりではありませんか!
駅弁も食べたいが、栗菓子も食べたい。駅前通りを少し歩いて、老舗の「すや本店」に駆け込み、栗きんとんをパクリ! いや、本来ならパクリと食べるものではない上品な和菓子なのだが、パクリといってしまうのが“しのぶ流”。お茶をがぶりと飲んで「ごちそうさま!」中津川駅に戻ったのでありました。
列車到着までまだ少し時間があったので、うどん売店に隣接するコーヒーショップで一休みすることにした。昭和のにおいがぷんぷんするレトロなコーヒーショップに、ダンディなマスターがひとり。
「さっき、そこで駅弁撮ってたでしょ」
どうやら撮影しているところを見られていたらしい。
「うちの駅弁、おいしいよ」
えっ!? 聞けばマスターが調製元・梅信亭の社長。駅弁売店とコーヒーショップを兼ねているのだった。ひとしきり話が弾んで、そろそろ松本行きの特急が入ってくる。社長も列車に駅弁を積み込まなくてはいけないらしい。「じゃあまた!」名残惜しいがお別れした。

市内の和菓子店を巡り、栗きんとんを食べ比べてみるのもいい。市内の和菓子店を巡り、栗きんとんを食べ比べてみるのもいい。

木曽路釜めし木曽路釜めし

栗おこわ弁当栗おこわ弁当

塩尻
山歩きにもぴったりな素朴さがうれしいお弁当
塩尻
ワインのまちに来たからには…そこは、やはりいただかねば!
ワインのまちに来たからには…そこは、やはりいただかねば!

残念なことに、中津川駅からは塩尻駅まで駅弁がない。左右に迫る木曽の山々を眺めながら、2つの駅弁をじっくりと味わう。もう少し寒くなったら、紅葉がきれいだろう。また来ちゃおうかな。
そして塩尻駅に到着。駅構内にはリュックを背負った山男・山女(ヤマメではない)たちがわんさかたむろしている。しかも9割がシニア世代!! 私も少しは見習わなくては…と運動不足の我が身を振り返る。塩尻駅で買ったのは「アルプス道づれおむすび弁当」「とり釜めし」だ。どちらも山歩きに似合う、素朴な駅弁だと思う。
さて、どこで食べようか、と見回したら駅前にアルプスを見渡せる格好のお休みどころを見つけた。しかも名残のラベンダーも咲いている。塩尻はワインの町でもある。地ワインの小ビンを見つけて、駅弁の友にする。夕日、爽風、ラベンダー、信州の山々、そしてうまい駅弁とワイン。今日もシアワセな1日だった。おいしかった。
きっと明日も良い日になるだろう。

朝の故障はどこへやら、すっかりダイヤが通常に戻った中央東線で新宿に向かう。いつのまにか眠っていたのだろう、「まもなく新宿です」のアナウンスに目覚めると、車窓の向こうに見慣れた新宿高層ビル群のネオンがきらきらしていた。

秋の夕日につつまれながら、地ワインとともにいただきます!秋の夕日につつまれながら、地ワインとともにいただきます!

アルプス道づれおむすび弁当アルプス道づれおむすび弁当

とり釜めしとり釜めし

写真:吉田健太郎
名古屋〜多治見中津川〜塩尻今回の駅弁リスト