お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE BIGLOBE夏フェス2017

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


紅葉の旅特集2017

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社20サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計20サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ 「北海道・函館本線、室蘭本線の旅」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2008年7月
第14回 北海道・道南編 ぬくもりを感じながら海の恵みをいただきます!「北海道・函館本線、室蘭本線の旅」 母恋 苫小牧 室蘭 洞爺 長万部 森 函館
函館〜洞爺室蘭〜苫小牧今回の駅弁リスト
有珠山SA
有珠山SA〜室蘭
「どら弁」を買いにちょっと寄り道…
「ヤッホー! リンシャンカイホー!」う〜ん、うまい!
「ヤッホー! リンシャンカイホー!」う〜ん、うまい!
洞爺湖モシリ弁当 −嶺上開花洞爺湖モシリ弁当 −嶺上開花当
2日目。駅弁食べ歩きは、室蘭本線から始まる予定を組んでいたのだが、2時間ばかりレンタカーを借りて、ちょっと寄り道することにした。目指すのは、道央自動車道の「有珠山SA」。有珠山の雄大な眺めを楽しみに行くのではない。ここに、実は私がプロデュースしたどら弁が売られているのだ。どら弁とは東日本エリアのSAで販売している弁当で、ドライブの弁当だから「どら弁」。ね、いいでしょ。
どら弁の名前は、「洞爺湖モシリ弁当 −嶺上開花(リンシャンカイホー)」。リンシャンカイホーって、麻雀の上がり手だけれど、きれいな名前だよね。ちなみに、北海道出身のフォークグループで元・手風琴の3人のメンバーと、元・ふきのとうの山木康世さんが組んだユニット名も「嶺上開花」という。う〜ん、いい響きだな、リンシャンカイホー。
どら弁には、洞爺湖周辺の地産地消食材がどっさり入っている。有珠山SAのベンチに座って、噴火湾の素晴らしい景色を眺めて完食! 急いで室蘭駅に行き、駅弁の旅再スタートだ。
母恋
母恋
ご夫婦の心のこもった「母恋めし」

ローカルな室蘭本線に揺られて、まずは母恋(ぼこい)駅の「母恋めし」を買いに。木造の駅舎は無人改札だが、委託を受けた切符販売所とかつてキオスクだった場所を利用した駅弁売店があった。
「母恋めし」を作る関根さんご夫妻とは以前から懇意にさせてもらっているが、駅には不在。せっかく行ったので挨拶だけでもしてこようと、街なかで経営する喫茶店まで押しかけてしまった。
「お久しぶりでーす!」
「あらまあ!!」
アポなしというのに、ウニやホッキをたらふくご馳走になり満腹。ありがとうございました。

母恋駅はどこか懐かしい感じのする駅舎です。母恋駅はどこか懐かしい感じのする駅舎です。

「母恋めし」を作る関根さんご夫妻と。「母恋めし」を作る関根さんご夫妻と。

こんなに大きなウニやホッキをご馳走になりました!こんなに大きなウニやホッキをご馳走になりました!

苫小牧
海の幸たっぷりの北海道駅弁には、イクラも欠かせません
苫小牧
駅弁売り場はちょっぴり寂しい光景。ガンバレ、駅弁!
駅弁売り場はちょっぴり寂しい光景。ガンバレ、駅弁!
厳選いくら弁当厳選いくら弁当
東室蘭駅で乗り換えて、お次は苫小牧駅で「厳選いくら弁当」を買う。苫小牧駅にもかつては2社ふたりの立ち売りさんがいたが、今ではどちらもいなくなった…。なんだか寂しい話ばかりだぞ、北海道。ガンバレ、駅弁! で、「厳選いくら弁当」はツヤツヤぷちぷちの大粒イクラのほかにホタテ、錦糸卵、シイタケなどがのった北海道らしい駅弁。ふっくらしたご飯とイクラとの相性は抜群だった。ちなみに苫小牧は「ホッキ貝の町」として知られている。ホッキ貝の駅弁もあるので、ぜひ食べてみてくださいね。
道南駅弁めぐりはここまで。寂しい駅もあったけど、駅弁は元気いっぱい。改めて北海道の海の幸の豊かさを知ったのでありました。
写真:吉田健太郎
函館〜洞爺室蘭〜苫小牧今回の駅弁リスト