お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE BIGLOBE夏フェス2017

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


紅葉の旅特集2017

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社20サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計20サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ 「青森、岩手・東北本線、八戸線、三陸鉄道の旅」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2008年6月
第13回 東北・青森、岩手編 駅弁の味と人との出会いがつなぐ北東北「青森、岩手・東北本線、八戸線、三陸鉄道の旅」 盛岡 宮古 久慈 八戸 野辺地 青森
青森〜八戸久慈〜盛岡今回の駅弁リスト
今回は、2日間に渡り北東北を食べ歩きます!
今回は、2日間に渡り北東北を食べ歩きます!

青森駅に降り立ったのは久しぶりだ。それも夏の青森は、10年前にねぶた祭りを見に行って以来。しんしんと雪が降り積む青森の街って叙情的だけど、夏の青森は街も人もどこかエネルギッシュで情熱的。だからあんなにパワフルなねぶた祭りが生まれるんだろうなあ。
夏祭りの季節はもう目の前! 駅弁だって夏仕様だ。では青森駅から、北東北をぐるり食べ歩くことにしよう。

青森
青森
夏祭りのペーパークラフト付き新作駅弁を発見!

青森駅の駅弁売店は、構内の土産物店が並ぶ一角にある。「お〜、あったあった!」とまず確認したのは「とりめし」と「帆立釜めし」。もう何十年も前から親しまれている駅弁で、かつて青森の駅弁といえば、この2つが圧倒的代表駅弁だった。食べなくても目をつぶればすぐに味が舌の上によみがえる。ここは2つの駅弁を食べたつもりで、新作の「逸杯辣星」を買うことにした。この「逸杯辣星」、「いっぺえらっせい」と読む。“いっぺえやっか?”じゃなくて、ねぶた祭りの掛け声である“ラッセラー ラッセラー”と“逸品一杯”を組み合わせたらしい…が、やっぱり私には“いっぺえやっか?”に見える。ま、いっか。
内容は小箱が二折で、ひとつには錦糸卵と陸奥湾産ホタテ、トビコ入り。もうひとつには、十和田産のガーリック豚南蛮みそ焼きやゴボウ、長芋などが入っている。青森の海の幸、山の幸が詰められていて、子供2人で一折りずつ食べるのにちょうどよい量かも。でも、この駅弁の楽しみは実は食後にある。なんと青森ねぶた、弘前ねぷた、五所川原立佞武多 (たちねぷた)の青森を代表する3大夏祭りのペーパークラフトが、おまけに付いているのだ。組み立てれば立派な祭りジオラマのできあがり。駅弁よりこっちのほうが楽しい…なーんて言ったら調製元に失礼ですよね、ごめんなさい。

ひさしぶりに降り立った青森でさっそくゲット!ひさしぶりに降り立った青森でさっそくゲット!

お弁当のおまけに付いてくる青森の3大夏祭りのペーパークラフトの例。お弁当のおまけに付いてくる青森の3大夏祭りのペーパークラフトの例。

逸杯辣星逸杯辣星

野辺地
いつまでも残しておきたいローカル線の美味しい駅弁
野辺地

青森からは特急白鳥で野辺地まで。あっという間に到着した。野辺地は東北本線と大湊線の接続駅で、大湊線に乗り換えれば陸奥湾に沿って下北半島を北上する。夏の下北半島、いいだろうなあ…。乗り換えたい気持ちをよそに、駅弁売店を探すと、待合室の中の駅そば売店に、名物の「とりめし」が5個ばかり積んであった。以前はホタテの駅弁もあったのだが、売店のお姉さんに尋ねると、いまは「とりめし」のみの販売だそう。残念だなあ、ローカル線のうまい駅弁がどんどん減っていく…。でも、この「とりめし」は抜群に素晴らしい。ご飯の上に卵と鶏のそぼろを敷き詰め、さらにその上に煮鶏のスライスが4〜5枚。どれもしっかりした、やや濃い目の味付けで、それらが水分の多いもっちりした白飯によく合うのだ。駅前の巨大常夜灯の下に備え付けられたベンチに座って、太陽の下で「とりめし」を食べ、駅に隣接する観光協会に立ち寄って、野辺地の土産物なんぞを物色し、いざ八戸へ。まだまだ胃袋には余裕がある。

野辺地駅前にて。青空の下、食べる駅弁はまた格別です。野辺地駅前にて。青空の下、食べる駅弁はまた格別です。

とりめしとりめし

八戸
八戸
和牛も海の幸も満載! まだ見ぬ新作駅弁にも夢が膨らみます
美しい水田が広がっていて、まるで緑色の海のよう。
美しい水田が広がっていて、まるで緑色の海のよう。

野辺地から八戸までは、普通列車でのんびりと。ちょうど下校時なのか、高校生がたくさん乗っている。車窓に広がるのは緑の水田。それはそれは美しく、どこまでも続いていて緑色の海のようだ。秋になったら黄金色に染まるんだろうな、そんな風景も見てみたい。
やがて民家がポツポツと現れ始め、街が見えてくると八戸駅に到着。新幹線が通うだけあり、立派な駅舎だ。駅弁の売店は、新幹線改札口の中とホーム、改札口外のコンコースなどあちらこちらにある。ひと通り巡って、買ったのは十和田湖和牛の「和牛めし」「海弁」をゲット。「和牛めし」は、すき焼き風にシラタキ、ゴボウと煮た和牛をご飯の上にのせてあり、どこかエスニックな香りがする。肉がやわらかくてうまいのはもちろんだが、付け合せの茶碗蒸し風卵豆腐とシジミの佃煮の味のよいこと! どちらもなかなか駅弁には入らない惣菜だし、スイーツのリンゴゼリーもあっさりとうまかった。う〜ん、なかなかいけるんでないかい? この駅弁。
もうひとつの「海弁」は、サバ、イカ、ホタテ、サケなどなど海の幸をぎゅーっと詰めた幕の内弁当。ちなみに山の幸を詰めた「山弁」もあるが、やはり八戸は海の町。「海弁」を選んでしまった。食べ応え十分で満足じゃあ〜。ところで、この「海弁」は駅前の「吉田屋」が調製元。実は「吉田屋」の社長・吉田広城さんとは以前からの顔見知り。八戸に来て、挨拶をしないわけにはいかない…とアポなしであったが訪ねてみると、運良く社長がいらっしゃった。しばし、社長室でひそひそ話…によると、なになに? これから続々と新作駅弁が出るそうな。
しかも、とんでもない駅弁が!! あ〜楽しみじゃ。皆のもの、お待ちくだされ、ふふふ。
1日目はこれにて終了。吉田社長に市内のうまい寿司屋を聞いて、そこに直行したのは言うまでもない。

和牛めし和牛めし

海弁海弁

調製元である吉田屋の社長、吉田広城さんと。「え? なになに? 新作駅弁が出るとな?」調製元である吉田屋の社長、吉田広城さんと。「え? なになに? 新作駅弁が出るとな?」

写真:吉田健太郎
青森〜八戸久慈〜盛岡今回の駅弁リスト