お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE BIGLOBE夏フェス2017

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


紅葉の旅特集2017

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社20サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計20サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ 「山梨・中央線」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2008年3月
第10回  甲信越・山梨編 山ナシで山の幸「山梨・中央線の旅」 小淵沢 甲府 大月 新宿
新宿〜大月甲府〜小淵沢今回の駅弁リスト
甲府
かぼちゃのほうとうグラタン…イケるんです
甲府
甲府駅前の信玄像と記念撮影。やっぱり甲斐の国といえば信玄でしょ。
甲府駅前の信玄像と記念撮影。やっぱり甲斐の国といえば信玄でしょ。

甲府駅のおべんとう甲府駅のおべんとう

さて、甲府駅に到着して改札口手前の駅弁売店へ……と思ったらなんと隣りにワイン専門店があるではないの。なんといっても甲州は日本のワイン業界を背負って立つ場所だもんね、ワインショップがあるのは当然かぁ。はい、実はワタクシ、日本酒だけじゃなくワインにも目がない&節操がないのでありまして……。ほんの2坪ぐらいのスペースなのに、床から天井までびっしりとワインが並び、しかもすべて山梨産の地ワイナリーとくれば、買わずにはいられない。甲斐ノワールで醸した赤ワインを1本ぶら下げて「甲府駅のおべんとう」を手に入れ、今度は各駅停車で小淵沢に向かったのでありました。
「う・うまい!!」のである。
何がって、「甲府駅のおべんとう」さ。甲府駅限定で販売されているこの駅弁、山梨郷土版幕の内弁当とでもいおうか、カマボコ・焼き魚・卵焼に加えてぬぁんと、かぼちゃの味噌風味ほうとうグラタンが入っているのだ。グラタンですぜ。駅弁でグラタンが食べられるなんてあなた、どうしたらよいの。というのも、ワタクシ、グラタンがだ〜〜い好きなのであります。しかも、こちらも好物のほうとうとのカップリング。どんな味になるかと思ったが、実にイケる! 考えてみれば、パスタもほうとうも小麦だもんね、食感も似てるし。味噌で風味をつけた和風グラタン、冷たくても、いや冷たいからこそご飯のおかずにぴったりなのであった。そしてトドメはデザートの巨峰の寒天餅。この組み合わせも絶妙で、スイーツが苦手な私の舌も満足したのでありました。
小淵沢
小淵沢
大満足! 思わずアポなしで調製元にごあいさつへ
駅弁だけじゃなく、山梨の名物がなんでも揃う売店は、見ているだけでも楽しい。
駅弁だけじゃなく、山梨の名物がなんでも揃う売店は、見ているだけでも楽しい。
山梨を代表する調製元「丸政」の専務と。
山梨を代表する調製元「丸政」の専務と。
電車の中だけじゃなく、青空の下で食べる駅弁もオツです。
電車の中だけじゃなく、青空の下で食べる駅弁もオツです。

そして本日の最終目的地・小淵沢駅に到着。改札口を出てすぐ左にある売店に。小淵沢は年に何度も来るので勝手知ったる駅なのだが、本当にこの駅の売店「デュオレール」は品物が充実している。駅弁はもちろんだが、山梨県内の銘菓、ジャム、チーズ&ハム、ほうとう、蕎麦、地酒ワンカップまで、すべて買い占めたいくらい種類豊富で、しかも品物のセンスが良い。あれもこれもと買いたいところだが、まずは駅弁。「やまのごはん」「甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)」を選ぶ。しかし、これ以上列車に乗る予定はない。さて、どこで食べようかと考えたが、せっかくの良い天気。青空の下で駅弁を広げようと、近くにある日帰り温泉と宿泊の施設「スパティオ小淵沢」の庭を借りることにした。ベンチで駅弁を広げると、爽やかな風が吹き抜けていく。高原に来たな〜と実感。そうです、駅弁はアウトドアで食べてもうまいのです。
さて、前者はその名の通り、ハイキングや登山に持っていきたいうめ・みそ・栗おこわのおにぎり弁当で、マスの塩焼き、つくね、きゃらぶき、大学芋、たくあんのおかず入り。焼物、煮物、野菜がバランスよく入ったよくできた駅弁だと思う。そしてもうひとつの、肉三昧ともいえる駅弁は、甲州の白ワインで育った甲州ワインビーフとワイントンという2大ワイン肉をたっぷり使ってあり、ボリュームたっぷり。調理法は、牛丼風甘辛煮とソースメンチカツだが、どちらもワインの風味が生きていてレストランのディッシュなみ。満足したなあ!
そしてあまりにも満足したので、小淵沢の調製元「丸政」を訪ねることにした。社長の名取政仁さん、息子さんで専務の名取政義さんとは以前からの顔なじみだが、アポなしで行ってしまってよいかしら?? と会社に行くと、やっぱりお二人とも留守だった。が、会社から連絡を受けて、近くにいらっしゃった専務が飛んできてくれた。
「お久しぶりです〜!!」
「新作駅弁ができたので見てほしいと思って」
そう、専務は新作の「すき焼きランチ」(SL弁当)を持って来てくれたのだ。すき焼き(S)ランチ(L)でSL弁当。なんとフタを開けると「ポーッ」という汽笛とメロディーが20秒間流れる容器入りだ。6月いっぱいまでの期間限定で販売するというから鉄道ファンの争奪戦必死となること間違いない。で、私はもう買ったもんね!
後ろ髪を引かれながら小淵沢を後にし、新宿へ。でもあまりにもおなかがいっぱいで腹ごなしをしたい。
「ねえ、温泉入っていこうよ」
再び甲府駅で途中下車、湯村温泉で立ち寄り湯をして、ビールを飲んで帰途に着いたのでした。あ〜楽しかった!

やまのごはんやまのごはん

甲州ワインで育った牛と豚の弁当(まんぷく甲斐?)甲州ワインで育った牛と豚の弁当
(まんぷく甲斐?)

腹ごなしの散歩中に立ち寄った塩澤寺にて…風情あるでしょ。腹ごなしの散歩中に立ち寄った塩澤寺にて…風情あるでしょ。

写真:吉田健太郎
新宿〜大月甲府〜小淵沢今回の駅弁リスト