お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


紅葉の旅特集2017

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社19サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト Relux 阪急交通社 名鉄観光

など計19サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ 「九州・日豊本線の旅」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2007年12月
第7回 九州・宮崎、鹿児島編 常春の風に揺られて「九州・日豊本線の旅」 鹿児島中央 霧島神宮 西都城 宮崎
宮崎〜西都城霧島神宮〜鹿児島中央今回の駅弁リスト
宮崎では知事のお出迎えで、今回の旅がスタート
宮崎では知事のお出迎えで、今回の旅がスタート

空港ターミナルから一歩屋外に足を踏み出した瞬間、ふわりと生暖かい風が頬をなでていった。「う〜〜む、南国よのぅ」。関東平野に吹き荒ぶからっ風とは大違いの、羽毛のような風に、いきなり四肢が弛緩する。
お笑い出身の某知事によって、すっかり全国区になった宮崎県だが、ず〜〜〜っとかつてはハネムーンのメッカと言われていたのだ。
しかし私は今回も、色気よりも食い気にはしってしまうのだ。

宮崎
宮崎
売り切れ必死の人気駅弁はやっぱりうまい!

常春でエキゾチックでロマンチックな宮崎・青島海岸に憧れて、私も旅をしたものだ……なーんてナイナイ、私の目的は飫肥天(おびてん)と椎茸めしである。飫肥天とは、城下町飫肥の名物天ぷらで、薩摩揚げとは違うほのかな甘さと食感が、なんともいえない。椎茸めしとはもちろん、駅弁の「椎茸めし」で、宮崎駅に行ったらこれを食べずにはいられない。昔、『駅弁グランプリ』なる企画で、椎茸部門の1位に選んだこともあったっけ。

宮崎空港から宮崎駅へはJRですぐ。千歳や福岡空港と同じように、到着口からすぐにJRに乗れる。便利な空港だ。到着後、ついでに空弁コーナーを覗いたら、結構種類が揃っていた。詳しくはいずれ、空弁コラムででもお知らせしよう。
さて宮崎駅の駅弁売店は、いつ声をかけたらよいのかと思うぐらいにごった返していた。途切れることなく、お客さんがショーケースの前に立ち、なかなか撮影ができない。おまけに買おうと思っていた駅弁まで先に持っていかれ、あれよあれよという間に詰まれた駅弁が減っていく。これはまずい。割り込んででも買わねば、といつもの「椎茸めし」をゲット。ボックスシートの各駅停車に乗って掛け紙をはずす。「椎茸めし」にはスタンダードバージョンと2段重のデラックスバージョンがあるが、量に違いがある。そんなときは必ず量の多いデラックスバージョンを買うのだが、本日はこれからまだまだ駅弁を食べなくてはならない。よって普通バージョンで我慢する。しくしく。
甘辛く煮付けた肉厚の椎茸がうまいのは当然だが、ひき肉をまぶしたそぼろご飯が実にうまい。小学校のころ食べた弁当のおかずのようで、懐かしさも感じる…。車窓風景は山また山、上等な椎茸も採れるってもんだ。

観光気分で埴輪と記念撮影。冬だというのに日差しが暖かい。観光気分で埴輪と記念撮影。冬だというのに日差しが暖かい。

とりあえず、今日の朝食「椎茸めし」をゲット!とりあえず、今日の朝食「椎茸めし」をゲット!

椎茸めし椎茸めし

西都城
見て“感嘆”、食べて“納得”の名物駅弁はお取り寄せもOK!
西都城
次の目的地は西都城駅。駅弁は予約しないと構内で買えないが、駅前に調製元「せとやま弁当」があるので立ち寄って買う。この駅には「盆地の牛めし」という宮崎産黒毛和牛のうま〜い駅弁があるのだが、近年の和牛の高騰で現状の値段を維持するのがなかなか大変らしい。そこで代わりに紹介したいのが「黒豚五健弁当」である。
「都城産の黒豚と、五つの健康な黒の食材」を使用した新作で、容器も掛け紙も真っ黒。一種異様な雰囲気もする。しか〜し、ふたを開けると「ワオッ!」と感嘆。整然と並ぶ黒豚がなんとも食欲をそそるではないか。ちなみに“五つの黒”とは、黒砂糖、黒酢、黒胡麻、ひじき、黒麹仕込みの芋焼酎、だそう。残念ながら芋焼酎は飲酒用ではなく、豚肉を漬け込む下味に使用しているとのこと。食べた後にほろ酔いになったのはそのせい? かも。
もうひとつ、西都城駅の名物駅弁「かしわめし」を紹介しよう。刻みノリ、錦糸卵、味付けした胸肉のスライスを炊き込みご飯の上にのせた3色弁当で、見た目はレトロで派手さはない。が、一口食べたら眠気も覚める味のよさ。地元では一番人気ということからも、地元密着型の飽きないスタンダード駅弁であることを実感した。ちなみにこの「かしわめし」、冷凍で取り寄せが可能。電子レンジでチンするだけで、ホンモノの味が楽しめるのだから、都城に行けない人は注文してみたらいかが? 4個入り2,520円だそうです、はい。

「せとやま弁当」の女将さんとスタッフの方と。お弁当も人柄も言うことなしです。「せとやま弁当」の女将さんとスタッフの方と。お弁当も人柄も言うことなしです。

隅々まで目が行き届いている「せとやま弁当」の調理場。隅々まで目が行き届いている「せとやま弁当」の調理場。

車中で食べる「かしわめし」。やっぱり絶品です。車中で食べる「かしわめし」。やっぱり絶品です。

写真:吉田健太郎
宮崎〜西都城霧島神宮〜鹿児島中央今回の駅弁リスト