お得な旅行情報が満載!国内・海外ツアーやホテル、航空券を検索

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


みんなで選ぶ 第9回 温泉大賞 結果発表 ゴールデンウィーク旅行特集

宿・ホテル比較&検索

宿泊日:

人数:

名 ×

エリア:

>

こだわり:

温泉 露天風呂 駐車場

大手旅行会社20サイトの宿泊プランを一括比較

楽天トラベル じゃらんnet JTB るるぶトラベル 一休.com 近畿日本ツーリスト 日本旅行 阪急交通社 名鉄観光

など計20サイト

 
しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ
駅弁投票結果
第15回 関東No.1駅弁決定!関東の駅弁の中で好きな駅弁はどれ?
  1. ??????
  2. 日光まるごと味の弁当(下今市駅)
  3. 新宿弁當(新宿駅)
  4. 菜の花弁当(千葉駅)
投票結果はこちら
関連情報
第16回 関東・東京、埼玉編 第15回 中部・愛知、岐阜、長野編 第14回 北海道・道南編 第13回 東北・青森、岩手編 第12回 関東、東北・茨城、福島編 第11回 関西・和歌山、大阪編 第10回 甲信越・山梨編 第9回 関東・千葉編 第8回 九州・鹿児島、熊本編 第7回 九州・宮崎、鹿児島編 第6回 北陸・福井、石川編 第5回 東海・伊東、伊豆編 第4回 上越・群馬、新潟編 第2回 四国・香川,愛媛編 第1回 北海道・道東編 第3回 関東・栃木編
旅行トップ > 小林しのぶ 全国駅弁ガイド > 駅弁たべりんぐとらべりんぐ「道東・石北本線の旅」
 

しのぶ流 駅弁たべりんぐとらべりんぐ

取材日2007年6月
旅の玉手箱 北海道・道東編 海鮮系駅弁を極める「道東・石北本線の旅」 網走 北見 遠軽 旭川
網走〜北見遠軽〜旭川今回の駅弁リスト
石北本線・駅弁の旅にいざ出発!
石北本線・駅弁の旅にいざ出発!  当日の網走は32度。東京より暑い

ぶらり1泊2日の旅に出た。目的はもちろん駅弁の食べ歩き。鉄道の廃線化が進む北海道だが、それに異議を申し立てるように、現役の駅では新作駅弁が次々と登場している。この夏の新作は、はたしてどんな食材が登場しているか? 珍しい容器はあるのか? 期待が高まり、旅立ち前夜はそわそわ落ち着かない。
本当は全道を一周したいところだが、北海道は広い。1泊2日では半分も回れない。そこで行き先を、網走から旭川までの石北本線を食べ歩くことにした。網走、北見、遠軽…、オホーツク海に近い駅とくれば、当然海鮮系の駅弁がそろう。はたして、2日間で何個の駅弁を食べることができるか…。いざ、出発進行!

網走
網走駅の売店
網走駅の売店。ショーケースの駅弁見本で選ぶと、隣の調製工場から出来たてを持ってきてくれる
網走
カニ、ホタテ、ウニ、イクラ…さすが北の大地、期待を裏切らない

網走駅は暑かった…。
涼風爽やかな道東を想像していたが、とんでもない。到着日の最高気温は摂氏32度。東京より暑い。以前はニポポ(アイヌ語で人形、など)像が入り口に鎮座ましましていた網走駅だが、ほかの像に取り変わっていた。素朴なたたずまいがよかったのに、ちょっと残念。
駅弁売店は駅舎内の待合室の一角にあり、ショーケースの中に駅弁がずらりと並んでいる。あったあった、カニ、ホタテ、ウニ、イクラ…。内地から北の大地を目指す旅人のココロをよ〜くわかってるラインナップだ。
が、ケースの中に見本があるだけで現物がない! たずねると駅弁は注文制で、すぐに隣の調製工場から出来たてを持ってくるという。作りおきではなく、出来たてである。なんと素晴らしいことだ。「磯宴(タラバ・いくら)」「磯宴(生ウニ)」「帆立弁当」を注文し、待つこと7分。ホヤホヤのブツが届いたのをしっかと抱えて、特急オホーツクの車内に乗り込んだ。

右手に網走湖を眺めながら駅弁の包みを開ける。この瞬間が大好きだ。色、香り、盛り付け、重み、それらが一体となって脳を刺激し、次の瞬間「してやったり」とひとりほくそ笑む。
網走から次の駅弁購入予定駅・北見までは50分。3個の駅弁はとっくに食べ終えているが、まだまだ胃袋には余裕がある。

北見
北見
「ほたて丼」を食しながら駅弁師匠をしのぶ
北見
15年以上ここで駅弁を売っている販売員さん。扱っている駅弁を熟知していて頼もしい

北見の駅弁は改札口を出てすぐ左手、置き台で売られていた。店は構えていない。売り子の女性は、もう15年以上ここで駅弁を売っているというベテランで、いろいろと駅弁について質問するとすぐに答えが返ってくる。これで、北見の駅弁がうまいことが確認できた。質問しても「わかりません」「ちょっと本社に聞いてみます」とかなんとか、即答できない売り子がいる駅弁にうまいものなし。売り子が自分で売る駅弁の内容を知らないなんてもってのほかなのだ。

北見では、「かに飯」「ほたて丼」「北の菜時季」の3種類をゲットした。「ほたて丼」は、今は亡き私の駅弁師匠・林順信さんが大好きだった駅弁。20年前に一緒に北見で食べたっけ… とホロリとなる。いや〜、うまいっす。ホタテの駅弁は、ほとんどが煮ホタテを使うが、あえてフライにしたところが勝ち組ですな。さらに特製ソースがまぶしてあり、これがまたしびれる。いや、舌がしびれているわけではありませんよ、しびれるほどうまいのだ。濃厚で芳醇。一流フレンチレストランのソースにも負けません。

たっぷり満足して第1日目の駅弁食べ歩きは終了、宿へと向かった。

塩別つるつる温泉湯上りはつるっつる。肌美人の湯だ。自然に囲まれた露天風呂、源泉があふれる内湯ともに源泉かけ流し100%。泉質は単純硫黄温泉だ。
〒091-0163 北海道北見市留辺蘂町滝の湯201
TEL(0157)45-2225(代)  FAX(0157)45-3097
1泊2食6450円〜(税込)。ちなみに当日泊まったのは1万0650円のお部屋。

詳細情報

写真:吉田健太郎
網走〜北見遠軽〜旭川今回の駅弁リスト