海外の有名観光地、国、都市の情報満載!詳しい最新クチコミ情報も!

BIGLOBE旅行 BIGLOBE BIGLOBE夏フェス2017

サイトマップお問い合わせ不具合・要望


紅葉の旅特集2017 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外ホテル予約

エクスペディア

海外ホテルの比較・予約
バーゲンセールや直前割引の情報が満載

 

海外航空券予約

海外航空券の比較・予約

海外航空券の比較・予約
ANA、エールフランス、デルタ航空券など、世界50社の航空券を一括検索・予約

海外旅行特集

世界遺産特集

世界遺産特集
ユネスコ登録している世界各国の世界遺産をご紹介。

ビーチリゾート特集

ビーチリゾート特集
心も体もリフレッシュしてくれるビーチリゾートをご紹介。

羽田発海外ツアー特集

羽田発海外ツアー特集
羽田発の海外ツアーをご紹介。深夜・早朝便で時間を有効活用!

海外シティ情報と役立つクチコミ 海外観光ガイド

ハーグ のクチコミ

 

マウリッツハイス美術館。フェルメール作品に並ぶレンブラント作品

投稿者:針山ぽッ太
投稿日時:2009年03月12日 11:20
一緒に行った人:ひとり
旅行時期:2005年07月
総合評価:
フェルメールの名画の影に隠れがちだが、レンブラント・ファン・レインの
『トゥルプ博士の解剖学講義』こそじっくりと時間をかけて堪能したい。
レンブラントは、同時代17世紀のバロック画家であるカラバッジオと同じ
ような手法を用いている(明暗法)ため、同列に研究されることが多い。
しかし、その主題となると、全く異なる。
当時、ルネサンスの打撃を受けたローマ・カトリックに於いて、医学や自然
科学を発達させることは、存在意義を揺るがすほどの脅威であった。
病気になったら、神に祈る。死んでしまったら、祈りが足りなかったから。
それで済ませていたカトリックの位階階級の人にとって、人体を解剖する
などと、到底ありえない行為だった。
17世紀、プロテスタントとしての独立を勝ち得たオランダ。
信仰を、そして人間を透徹した視線で見つめ始めたオランダ人。
現代まで続くオランダ人気質のルーツのエッセンスとも言える作品。
個人的にはフェルメール以上のオススメです!