海外の有名観光地、国、都市の情報満載!詳しい最新クチコミ情報も!

BIGLOBE旅行 BIGLOBE

サイトマップお問い合わせ不具合・要望

アンケート実施中!ぜひご協力ください。


紅葉の旅特集2017 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外ホテル予約

エクスペディア

海外ホテルの比較・予約
バーゲンセールや直前割引の情報が満載

 

海外航空券予約

海外航空券の比較・予約

海外航空券の比較・予約
ANA、エールフランス、デルタ航空券など、世界50社の航空券を一括検索・予約

海外旅行特集

世界遺産特集

世界遺産特集
ユネスコ登録している世界各国の世界遺産をご紹介。

ビーチリゾート特集

ビーチリゾート特集
心も体もリフレッシュしてくれるビーチリゾートをご紹介。

羽田発海外ツアー特集

羽田発海外ツアー特集
羽田発の海外ツアーをご紹介。深夜・早朝便で時間を有効活用!

海外シティ情報と役立つクチコミ 海外観光ガイド

タイの観光情報

タイの基本データ

国名 【日本語表記】 タイ王国
【通称】 タイ
【英語表記】 Kingdom of Thailand
首都 クルンテープ(Krungthep)(通称:バンコク(Bangkok))
国土面積 約51万3115平方キロメートル
人口 約6348万人
言語(公用語) タイ語

タイの詳細データ

政治形態

立憲君主制

民族構成

タイ人75%、中国人14%、山岳少数民族

宗教

仏教95%、イスラム教5%

気候

日に一度はスコールの降る雨期(5月中旬〜10月)、空気が乾燥し、晴天の日が続く乾期(10〜2月)、気温も湿度も上昇し、朝から猛烈な暑さが続く暑期(2月中旬〜5月)の三つに分けられる。年間を通じて一日の最高気温が約30〜35度、湿度は平均約70〜80%ある。乾期は朝夕冷え込むので、薄手の上着などがあるとよい。

時差

マイナス2時間

日本からのフライト時間

約4時間30分(バンコクへは成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港から直行便が運航されている)

パスポート

パスポートの残存有効期間が入国時に6ヶ月以上あること。

ビザ

30日以内の観光目的の滞在であれば、ビザ不要。ただし、予約済みの往復航空券の所持が条件。

在外公館

  • 【日本国大使館領事部(所在:バンコク)】電話:0-2252-6151
  • 【在チェンマイ総領事館(所在:チェンマイ)】電話:053-203367

マネー・カード情報

【通貨名称】
タイバーツ(Baht)
【レート】
1タイバーツ≒約3.11円(2006年9月現在)
【レート・リンク】
-
【紙幣の種類】
20、50、100、500、1,000バーツ
【貨幣の種類】
25、50サタン、1、5、10バーツ
【通貨画像】
-
-
【クレジットカード】
-
【両替】
銀行、空港の両替所、町の両替所、ホテルなど

電話の使い方

【国内】
公衆電話は種類によって色分けされている。国内電話専用は青、シルバー、テレフォンカード専用の緑で、5バーツ硬貨専用電話もある。市内通話は3分1バーツ。市外局番はないので、すべての番号をダイヤルする。
【国際】
国際電話専用は黄色の電話。国際電話用のテレフォンカードか、クレジットカードで支払う。国際電話識別番号「001」の次に、日本の国番号「81」を押し、0を取った市外局番の後に相手先の電話番号をダイヤルする。

郵便

【基本情報】
郵便局の営業時間は、月〜金曜日は8:30〜16:30、土曜日は9:00〜12:00、日曜日・祝日は基本的に休みだが、開いている局もある。
【国内郵便】
葉書1.50バーツ、封筒(20gまで)3バーツ
【国際郵便】
葉書15バーツ、封書(10gまで)14バーツ、封書(50gまで)34バーツ、封書(100gまで)59バーツ

税金

すべての商品に7%のVAT(付加価値税)が内税で付いている。外国人旅行者の場合、免税対象店で買い物をした場合、1店舗当たり2,000バーツ以上、総額5,000バーツ以上の買い物をし、店頭にて免税手続きの申請をすると、手数料を除く税金分が還付される。申請書は出国時に税関で証印を受け、VATオフィスに提出すると、払い戻してもらえる。

チップ

【基本情報】
一般にチップの習慣はないが、高級な場所ではいくらか渡した方がよい。
【レストラン】
サービス料が含まれているような中級以上のレストランでは、お釣りの小銭を渡す。また、サービス料が含まれていない場合には、会計金額の10%程度渡す。
【ホテル】
ポーターに荷物を運んでもらった場合、荷物1個につき20バーツ程度、何か用事を頼んだ場合にも20バーツ程度。
【タクシー】
小銭を渡す程度でよい。
【その他1】
-
【その他2】
-

便利情報

【電圧】
電圧:220V、周波数:50Hz、プラグタイプ:BFタイプ、Cタイプ
【トイレ】
公衆トイレは少なく、あってもほとんどが使用後に汲み置きの水を使って流すタイ式で、3〜5バーツかかる場合が多い。ペーパーは携帯しておいた方がよい。ショッピングセンターや博物館などに入った際に利用しておくとよい。
【水】
水道水は飲用できないため、ミネラルウォーターを購入した方がよい。また、食堂などでは一度沸かした水が出されているが、ミネラルウォーターを注文した方がよい。

タイの観光スポット

クチコミ投稿数ランキング

2006年10月現在の情報です。掲載情報は変更される場合がありますので、旅行の際は各自でお問合わせ下さい。

Copyright(C)BIGLOBE Inc. 記事の無断転用を禁じます。